全米ヨガアライアンスとは?YMCで全米ヨガアライアンス資格を取得 │ 整体師・ヨガインストラクターの養成スクール

美容・癒し・健康・スポーツ業界で活躍する人材を育成します。

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定 YMCメディカルトレーナーズスクール

健康業界の未来を支える癒しの総合スクール

0120-72-9215

ryt_course.jpg

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、90年代にアメリカで2つの異なるヨガ団体を合併する形で設立された米国の協会で、今や国際ライセンスともいうべき位置づけとなっているRYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)の認定を行っています。質の高いヨガインストラクターや教育者を養成するために、カリキュラムに全米ヨガアライアンス独自の基準を定め、その普及を促進しています。
全米ヨガアライアンス協会が定めた基準に基づくトレーニングを認定されたヨガスクールや指導者から200時間(又は500時間(200時間+300時間)のコースを受講しヨガアライアンスに申請することで認定書が発行されます。協会に登録されると、「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」として活動することができます。このアライアンスの認定書は世界70ヶ国以上で認知されています。
全米ヨガアライアンスがRYTの発行を行うという仕組みが今や世界的なスタンダードとなっています。
全米ヨガアライアンス認定校とは:ヨガアライアンスが定めた200時間もしくは500時間の内容を受講できるスクールを認定校としています。認定校で受講をしないと、資格を取得できません。
国内でも週1回の通学で全米ヨガアライアンスが取れるので家事や育児、仕事を続けながら勉強が出来ます。また短期で集中して全米ヨガアライアンスを取得したい方へは短期ハワイヨガ留学(1ヶ月)のコースもご案内可能となっています。
YMCメディカルトレーナーズスクールは全国6校舎通い放題!全校舎、駅からもちかく、曜日・時間問わずいつでも気軽に全米ヨガアライアンス(RYT200時間)コースの通学が可能です。
どの校舎も卒業生数5年連続NO.1!という実績もあり、信頼の厚いヨガ講師が一人一人あなたをサポートします。YMCメディカルトレーナーズスクールは全米ヨガアライアンス認定校です。
基礎からみっちりレッスンスキルを高める全米ヨガアライアンスプログラム。ヨガ初心者から国際認知度の資格である全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)が取得できるコース。RYTの認定を受けた講師からみっちりと受講することで、 あなたを誰からも信頼されるヨガインストラクターへと育成します。
国内でもハワイヨガ留学でも受講が可能です!全米ヨガアライアンス認定校YMCメディカルトレーナーズスクールのハワイヨガ留学では日本語堪能な講師が授業を担当しています。通訳アシスタントを通さないのでとても分かりやすいと好評です。国内通学は便利な駅近のスタジオでライフスタイルに合わせたスケジュールで進められます。国内は週1回から通学が可能!お子様がおられる方も、お仕事されている方も気軽に通って頂けます。
総合スクールだからこそ学べるYMC独自の座学カリキュラム!ヨガ指導者として必要な筋肉・骨格の仕組みを学ぶ解剖学や、呼吸との関係が深い生理学の理論もしっかり学べると好評です。実技・座学共に経験豊富な講師から学べる充実した200時間なので、健康意識の高い方や、高齢者の方など、幅広い層のお客様への指導力がしっかりと身に付きます。全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得後の仕事の幅もぐっと広がります。
受講期限内であれば受けたい授業が何度でも追加費用かからず受講可能です。納得できるまで学べるから、自身につながります。レッスンで受けるだけではわからなかった部分を明確にしながら理解を深めていきましょう。
資格取得後、皆様のご活躍に向けてのサポート卒業生を対象としたセミナーを多数開催しております。YMCはただ資格を取得するだけではなく、全米ヨガアライアンス(RYT200時間)資格取得後、皆様のご活躍に向けてのサポートも充実しています。健康・予防医学・起業等をテーマにした多彩なスキルアップセミナーも人気です。
スタジオ開業・ヨガスタジオ・ホットヨガスタジオ・スポーツジム・介護施設・プライベートヨガ・出張ヨガ・婦人科・自主体主催のイベント等
スタジオ開業・ヨガスタジオ・ホットヨガスタジオ・スポーツジム・介護施設・プライベートヨガ・出張ヨガ・婦人科・自主体主催のイベント等

全米ヨガアライアンスを取るには

90年代にアメリカで、2つの異なるヨガ団体を合併する形で設立された、世界で最も知名度の高いヨガ協会です。
質の高いヨガインストラクターや 教育者を養成するために、カリキュラムに基準を定め、その普及を促進しています。協会が定めた基準に基づくトレーニングを、認定されたヨガスクールや指導者から200時間、 (又は500時間(200時間+300時間)のコースを受講しヨガアライアンスに申請することで認定書が発行されます。
協会に登録されると、「全米ヨガアライアンス認定ヨガ指導者」として活動することができます。このアライアンスの認定書は世界70ヵ国以上で認知されています。

全米ヨガアライアンスの申請

定校で全米ヨガアライアンスを取得されたら、所定の手続きでRYT(Registered Yoga Teachers)として登録が可能です。英語サイトで各自の登録が必要となります。登録の際には認定校の修了証が必要になります。申請が完了すると、全米ヨガアライアンスのRYT200取得者ページに自分の名前も登録されます。

全米ヨガアライアンスへの申請方法

 ヨガアライアンスへの申請は、次の手順でホームページから行うことができます。
 1:全米ヨガアライアンスアカウント作成ページから自分のアカウントを作成。
 2:プロフィール入力
 3:修了書をアップロードする
 4:クレジットカードまたはPayPalで支払い
 5:RYS(ヨガアライアンス認定校)の評価


日本のヨガ界の第一人者アシュタンガヨガ、アイアンガーヨガ、ハタヨガ、ヴィンヤーサヨガ他、様々なヨガの実践経験を通してより人生を有意義に、そして楽しく幸せに毎日を過ごすためのヨガ指導をメインテーマに国内外各地でさまざまな活動を行う。日本のヨガ界の第一人者として、幅広いヨガの指導とワークショップを行っているほか、合宿・指導者養成、メディア・教育・各種企業へのヨガコンサルティングなど、健全なヨガの普及に努める。

等身大、身近な存在でありたい。
シンガポール・台湾・アメリカ・日本など多くの国で生活した豊かな経験と、ヨギーニであり妻であり母であるバランス感覚で、人を惹きつけるティーチングが高く評価されている。通訳を介さずにその豊かな感性を伝え、日本とハワイのヨガの架け橋となる存在

日本のヨガ界の第一人者と「ヨガで一生をラクにする方法」を伝えたいです。2012年ヨガフェスタにて動員数100名のレッスン成功をおさめる。2013年現在、YMCヨガTTにて約500名のヨガインストラクターを育成する。ヨガフェスタ2013やTrueNature箱根にも講師として参加。ヨガ専門雑誌「ヨガジャーナル」において被写体としてページを飾る。その他、東京、アムステルダム、NY、ソウル等国内外各所でヨガのレッスン、ダンスパフォーマンスの他、DJ、PV、CM、広告、雑誌出演等、その活動は多岐にわたる。