ニュース/イベント

各講座の開講スケジュールやイベント情報などをお知らせしています。

峯岸道子先生講座・RYT500カリキュラム『現場はテキスト通りではありません』

2019/02/16

 michiko.jpg.jpg

クラス(現場)で、起きていることに気づいていますか?

クラス・環境を作るのは先生です。そのような目で見ていますか?
プログラミングの内容は現場にあります。
クラスの展開は先生の頭の中ではなく、目の前にいる生徒さんからいただくものです。
そしてアーサナがうまく取れず困っている生徒さんを導くのも先生の役割です。
テキスト通りにクラスが進むとは限りません。そのヒントを学びませんか?

スケジュール

4月8日(月)、16日(火)、22日(月)、30日(火)※10時~14時

講義内容

①現場はテキスト通りではありません
(あなたのクラス(現場)で起きている事に気づいていますか?)
②生徒さんを見る目を養う(生徒さんの動作から読み取る、生徒さんの癖を見る目)
③体を調整する為の備品の使い方とテクニック
(プロップはブロック・ベルトだけではありません)
④アウトプットとは?(表現者として、自分らしさと自分をいかすクラス作りとは・・・)

対象

IHTAヨガインストラクター養成1級コース受講中の生徒・RYT200修了の生徒

開催場所

YMCメディカルトレーナーズスクール新宿校

受講料

通常価格:98,000円

\2月28日(木)までにご入金&ご契約で早割価格/
在校生:68,000円 / 受講期限の切れている卒業生:89,600円

※早割終了後の在校生価格:89,600円 / 卒業生価格:98,000円

◇修了書発行(試験無し)
◇RYT500の単位となります。

峯岸道子プロフィール

「michiko style yoga協会 代表」「ハンディキャップヨガジャパン代表」「シグマストレッチ協会 代表」主な書籍「年を取らないからだづくり」「笑顔の未来へ」「肩甲骨ストレッチ」等多数。フィットネスエクササイズの草分け的存在として活動後、2000年沖ヨガ指導者認定を受ける。フィジカル的なアプローチを得意とし、35年以上の現場指導から学んだ自らの実体験、経験値から生み出される身体操作法、コンテンツの数々はワークショップや指導者育成でも人気を博している。峯岸独自の身体操作法は、ヨガのスタイルをより自由にし、「全ての人の人の為にヨガはある」 というビジョンのもと、辛いなら辛くないような、安定しないなら安定するような、常に参加者に寄り添う形で生み出されたものとして、国内外でも高い評価を得ている。

詳細、お申込、お問い合わせはこちら

TEL:03-5909-2771(平日9:30-21:30、土日祝9:30-19:00)

ニュース/イベント一覧へ戻る