シニアヨガインストラクター養成コース

美容・癒し・健康・スポーツ業界で活躍する人材を育成します。

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定 YMCメディカルトレーナーズスクール

健康業界の未来を支える癒しの総合スクール

0120-72-9215

シニアヨガインストラクター養成:近年ニーズが高まるシニアヨガ。 安全・安心・無理のない動きの指導法を身につける

シニアヨガインストラクター養成コースの特徴

  • スキルアップをお考えの方
  • 技術の幅を広げ習得したい方

趣味はもちろん。リハビリや予防の目的でも、シニアヨガのニーズは年々高まっています。

シニアヨガインストラクターは、高齢や虚弱体質の方がヨガを楽しむにあたり、どこに配慮したらよいか、無理なく安心して安全に楽しむにはどうしたらいいかを学びます。高齢者向けクラスを受け持てるようになるのが目標です。

プロップ(ブロック・ベルト・ボルスター等)や椅子などの使い方をマスターしてから高齢者向けのヨガを覚えることで、ダイナミックな動きではなく、体の隅々を動かすことを意識したより安全で効果的なレッスンが可能になります。

取得可能資格
  • IHTA認定 シニアヨガインストラクター
主な進路・就職先
  • ヨガスタジオ・ホットヨガスタジオ・スポーツクラブ
  • 公民館・コミュニティセンター
  • 加圧トレーニング・ダンススタジオ
  • デイサービス・老人ホーム

>コース詳細

開講校
新宿校 横浜校名古屋校 梅田校福岡校 仙台校渋谷校
×
受講期間 受講料
週1回通った場合の平均 最大受講期間 受講開始日 時間帯 総額
3ヶ月 6ヶ月 詳細は
お問い合わせください
10:00~21:00
※この中からお好きな時間を選べま す
¥191,000

※時間帯について-カリキュラムは共通学科、講義、レッスンとわかれており、レッスンはお好きな時間帯で通学ができます。
どんな方でも通学できるようスケジュールを組んでおりますので詳細はお気軽にご相談ください。

カリキュラム
時間数 21時間(各回3時間)/試験3時間
目的 高齢者の方、身体虚弱な方、ヨガのクラスを受けたけれど難しすぎて簡単なヨガを探している方など、年齢関係なくどんな方でも楽しく受けられるヨガ。 身体の状態に合わせて、ダイナミックな動きではなく、穏やかな動きで身体の隅々を丁寧に動かす。 車椅子の方むけなど、対象の方に合わせてのプログラミングを学ぶ。
1 シニアヨガとは 目的と効果
2 呼吸法と瞑想法
3 ヨガ的標準運動
4 椅子を使ったアーサナの練習
5 アイマスクを使った、言葉での誘導方法の練習
6 シニア向けの、ヨガ的メンタルケアについて
7 個人別のプログラミング  実践とロールプレイング
8 IHTA実技・筆記認定試験

シニアヨガインストラクター養成コースページトップへ